ここだけドットコム

気になるニュースをお届けします

たけのこのあく抜きはぬか抜きにはできません。

   

たけのこのあく抜きはぬか抜きにはできません。

ズバリ簡単!誰でもできるたけのこのあく抜き

takenoko
これから春になると、徐々に春ならではの食べ物が巷に顔を見せるようになります。
その一つが、たけのこですね。

でもこのたけのこは好きだけど、なんだか調理の手間がめんどくさそう…というより、
そもそも、どうやって処理したらいいかわからない!
そんな人は以外と多いのではありませんか?

そこで今回は、たけのこの簡単な処理の仕方「あく抜き」の方法をご紹介します。
立派なたけのこがお店に並んでいたり、はたまた、知人からおすそ分けで頂いたり、
嬉しいけれど、はて、どうしたものか。料亭で並んでいるような、
味に仕上げるためにも、まずはあく抜きをしなくてはなりません。


そのために必要なのが「ぬか」と呼ばれるものです。


一般的には、米ぬかを使うことが多く、手間をかけずに簡単にあく抜きをすることが
できるのです。
このぬかは、わざわざ購入することももちろん可能ですが、スーパーなどでたけのこ
を購入するとタダで譲ってもらえることも多いようです。

では、たけのこと、ぬか、二つの必要な材料が揃ったところではじめてみましょう。

まずは、たけのこの下処理からです。

大きなたけのこは先端を斜めに切ります。
そして、皮は剥かないまま、半部ぐらいまで切り込みを入れてください。
そうすることで、中の空洞までしっかりとあく抜きをすることが可能になるのです。

次に大きめの鍋を用意して、たけのこが浸るぐらいまでの水を入れます。
そこに一掴みほどのぬかを入れます。
ここで、もし手に入るようなら、鷹の爪があれば、えぐみ取りのために
入れても良いでしょう。
なくても構いません。

すべて材料を入れたら、はじめは強火で火にかけます。
吹きこぼれないように、くれぐれも注意してください。沸騰してきたら、
吹きこぼれないように火を調節しながら、1時間程度煮ます。

硬さはお好みで、竹串などでチェックしながら様子を見ると良いでしょう。
1時間ほど煮たら火を止め、落し蓋をします。

そのまま冷めるまで放置します。


放置する時間は1日ほど浸けておいてもかまいません。
しっかりぬかがあくをとってくれます。

実際に使う時には、たけのこの隙間にぬかが残っているので、
しっかりと流水で洗い流しましょう。
また、出来上がったたけのこを、一度に全部使わずに保存したい場合も、
入れ物に水を浸してその中で保存しましょう。
水が濁る場合は、水を替えます。
これを繰り返しながら1週間程度日持ちします。
あとは、煮物や炊き込み御飯など、春の味覚を存分に楽しみましょう。

さぁ、ここまで読んで、初めの方を忘れてしまったずぼらさんも、
もう一度おさらい!


①たけのこに切り込みを入れる
②鍋にたけのこと水、ぬか(あれば鷹の爪)を入れる。
③ふきこぼれないように1時間ほど煮る
④そのまま放置
以上で、あく抜きは終了です。
驚くほど簡単な作業で誰でも簡単においしいたけのこ料理の下準備ができてしまうのです。
さぁ、たけのこを見かけたあなたは、今年こそ、自分で美味しいたけのこ料理
に挑戦してみませんか?

 - たけのこ, 食べ物 , ,

Get Adobe Flash player Plugin by wpburn.com wordpress themes
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。