ここだけドットコム

気になるニュースをお届けします

小学校入学祝い 相場はいくら?

      2015/01/20

小学校入学祝い 相場はいくら?

桜の季節にやってくる入学シーズン。

0-14
大きなランドセルを背負った新一年生は本当に可愛らしいですよね。
親戚や知人の子供が小学校に入学した時に渡す「小学校入学祝い」

一体いくら包めばいいのか、悩む方も多いのでは?
そこで、入学祝いの相場を調べてみました。

立場によって変わるのは当然!

まず、入学祝いの金額は贈る相手側との間柄によって変わるようです。
自分の孫、親戚など近しい相手に贈る場合と親しい友人の子供やご近所さんなど知人に贈るでは金額に差が出ます。

まず、身内の子に贈る場合の相場ですが大体5千円〜1万円のようです。
同じ身内でも、自分の孫や兄弟といった家族と姪や甥など親戚の間には金額の差が出るようです。

次に知人に贈る場合の相場ですが、3千円〜5千円が妥当のようです。
このような間柄の場合、高額過ぎると返って相手を困らせてしまうものです。
相手を気遣わせないような金額に収めるのがマナーだと思います。

お付き合いの深度もかかわります

また、贈る側の年代や普段どの程度お付き合いしているかで金額が変わってきます。
一般的に年代が上がるほど、お付き合いが親密なほど金額も上がるようです。

次に現金以外の入学祝い、品物を贈る場合ですが小学校に関係する品物、新一年生に必要な物を贈る事を心掛けて選ぶ事が大切です。

ランドセルや学習机など高額な物は祖父母など身内から贈られる事が多いようです。
他には地球儀や本のセットなども贈り物として人気です。

しかし、このように金額の大きな品物は贈る側に相談してから購入するべきでしょう。
親戚や知人の子へ贈る品物ですが、図書券や文具券、筆記用具などの消耗品の方が相手に気を遣わせずに済むのでお勧めです。

いかがでしたか?大体の相場から贈る側、贈られる側の立場や間柄で金額や品物の額が上下する事をご紹介しました。

相手を気遣う気持ちが大事です。

しかし、そもそも小学校入学祝いは形式よりも子供の成長を祝福して好意で贈る色合いが強いので難しく考えすぎなくて良いと思います。
相手を気遣うマナーさえ守れば、きっと喜んで貰える事でしょう。

 - しきたり, 入学祝, 行事

Get Adobe Flash player Plugin by wpburn.com wordpress themes
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。