ここだけドットコム

気になるニュースをお届けします

クエン酸でお掃除!どんな効果があるの?

      2015/06/20

クエン酸でお掃除!どんな効果があるの?

クエン酸とは?

レモンや梅干し、思い出すだけでも酸っぱくて唾が出そうですよね。
そう、その酸っぱさこそ、クエン酸なのです。
抗菌効果が高いため、梅干しの保存食としての効果にも納得です。
また、クエン酸には消臭効果もあるので、掃除にはもってこいなのです。

どうやって使うの?

では、クエン酸はどうやってつかうのが良いのでしょうか?
クエン酸の代表的な使い方は、水に溶かして、
汚れに直接スプレーするという使い方です。
水に溶けやすい性質のクエン酸は、非常に使いやすく、
掃除には必要不可欠!という人も多いのではないのでしょうか。
そのクエン酸水は作り方はとても簡単。
霧吹きのようなものに、クエン酸を小さじ1、水を200ml
入れてしっかりと溶かす。
これだけです。
これだけで頑固な汚れにもしっかりと働いてくれるのです。

トイレにも、お風呂にも!

クエン酸の性質は酸性
のため、アルカリ性の汚れに対して強い効果を発揮します。
先ほど作ったクエン酸水を、汚れにシュシュっと吹きかけましょう。
その後に、クエン酸水を拭き取るだけ。
クエン酸水の場合は、ふき取りが必要になりますので、覚えておきましょう。
トイレの床や壁をシュシュっとスプレーした後も、
水ぶきをするのを忘れないようにしましょうね。

お風呂などで頑固な水垢、苦戦させられる方も多いのではないでしょうか?
そんな時は、キッチンペーパーやティッシュペーパーにクエン酸水を
シュシュっとスプレー。

そしてそのペーパーを張り付けて、しばらく置いておきます。
汚れの状態にもよりますが数分から数時間。
汚れの状態を見ながら様子をみてください。
そして最後はペーパーを取り除いてから乾拭きしてください。

ここで注意が必要です。

頑固な、尿石などには、クエン酸は効果が十分に発揮しきれない場合もあります。
そんな時はブラシでこするなどトライしてみますが、市販の薬剤に比べて、
やや尿石に対する分解成分が弱い点はいたしかたありません。

また、大理石や鉄のような素材にもクエン酸は向いていません。
使用しないようにしましょう。

最後に、最もうっかりミスをしないように覚えておきたいのが、
塩素系の製品と直接混ざることのないようにしましょう。
クエン酸は酸性なので、有毒ガスが発生する可能性があります。
くれぐれも、塩素系の液剤を使うときに一緒に使うことのないように、気をつけましょう。

いくつかの注意点を記載しましたが、クエン酸は手に入りやすく、
扱いやすい万能お掃除マンです。
日々の汚れも、シュシュっと簡単に落とせる便利な道具なので、
上手に使ってお掃除をしましょう!

 - 家事, 掃除

Get Adobe Flash player Plugin by wpburn.com wordpress themes