ここだけドットコム

気になるニュースをお届けします

インフルエンザ脳症の時の解熱剤は注意が必要?!

   

インフルエンザ脳症の時の解熱剤は注意が必要?!

インフルエンザ脳症とは

インフルエンザ脳症という言葉を、お母さん方は気にされる方も多いのではないでしょうか。インフルエンザ脳症とは、インフルエンザによる合併症の事です。
主に乳幼児(1歳から5歳)に発症すると言われており、死亡率も高い、注意するべき病気と言えます。
もちろん、全てのインフルエンザ罹患者がそのまま脳症になるわけではないが、急速に進行するという特徴も持ち合わせているというので、知識を持ち合わせておきたいものです。

インフルエンザ脳症の症状

ではインフルエンザ脳症の症状はどのようなものでしょうか。
報告されている主な症例は「けいれん、意識障害、異常行動(意味不明の言動など)」です。
インフルエンザ脳症の場合、発熱してから神経症状が出るまで数時間から1日と非常に進行速度が速いため、注意が必要です。

解熱剤の存在

ここで特筆すべきは解熱剤の存在です。
インフルエンザといえば、発熱が特徴ですが、この発熱は体がウイルスに対する免疫反応の一つであり、あわてて解熱させなくてはならないというものではないのです。
そのため、本来であれば、ウイルスを自身の体が排除するために体温を上げているところを、無理矢理解熱剤で下げると言うことは、熱で弱らせていたウイルスを元に戻してしまうと言う見解もあるようです。

ただし、39度を超え、41度もの高熱にもなれば、命の危機も出てきます。
先述の通り、乳幼児期における脳症の死亡率は高く、しかも高熱になるにつれ、予後が悪くなると言う研究結果も出ており、やはり39度以上の発熱でぐったりとしている時には解熱剤をつかって熱を下げる必要があります。

解熱剤は素人の独断で選ばない

では、どんな解熱剤でも家にある物を使ってOKなのでしょうか?
実は素人の独断の判断は非常に危険なのです。
一般的に解熱剤と呼ばれる物も、医学的には多くの種類があり、知識のない素人が勝手な判断で飲むことにより、命の危険さえあるものもあります。

日本小児学会では「アセトアミノフェン系」が安全性が高いと推奨しています。
アセトアミフェノン系と言われてもピンとこない人の方が多いでしょう。
たとえば、インフルエンザの時に大人が飲んでも良いとされる薬でさえ、乳幼児にはリスクがある物もあります。
ロキソニンという市販薬ですら、医学界では賛否両論と言われています。
すなわち、家にある解熱剤を何でも飲んで良いというわけではないのです。
まして、インフルエンザ脳症のリスクが高いと言われる乳幼児には大人と同じ感覚で薬を飲ませるというのは非常に危険であると言うことはしっかりと理解しておきましょう。
一般的に市販されている「小児用バファリン」はアセトアミノフェンを使用しており、安全性が高いと言われています。

病院の受診が一番です

高熱でぐったりしている、インフルエンザ脳症のような症状が懸念される場合は、迷わず病院にかかるようにしましょう。
毎年100~300人ほどが罹患すると言われるインフルエンザ脳症。
いざというときのために自宅にある常備薬も確認しておきましょう。
その解熱剤、乳幼児にとって本当に安全ですか?
判断に迷った場合は残った解熱剤を安易に飲ませるのではなく、必ず、医師の判断に任せる方が良いでしょう。

我が子の健康のため、しっかりと、普段から薬のことも知っておきたいですね。

 - インフルエンザ脳症, 医療

Get Adobe Flash player Plugin by wpburn.com wordpress themes
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。